ウルトラ実況レビューは、店舗によせられる商品の新着レビューを収集し、表示させるためのシステムです。最大50個まで収集パターンを指定することができます。

以下は、ウルトラ実況レビューを新たに利用しようとする方向けの、利用申し込み~運用開始までの簡単な導入ガイドです。ステップに従って作業を進めることで、簡単に利用開始ができます。

【お詫び】11月19日、ウルトラ実況レビューのバージョンアップを行いました。以下の画像は、バージョンアップ前のものとなりますので実際の画面とは異なっておりますがご了承ください。なお、バージョンアップの前後で、大きな設定の流れに変更はありません。

 

【1】 ウルトラ実況レビューが利用可能な場合は、左のような画面が表示されますので、ボタンを押して利用登録を行います。 (左の画像をクリックすると拡大します)

 

【2】 利用登録を行った後の画面です。

利用開始するにあたって、いくつか設定いただく項目がある場合は、このように設定を依頼する画面が開きます。
ここでは、楽天版・FTP情報(楽天GOLD情報)が未設定となっておりますので設定を行います。
(すでに楽天版・FTP情報の設定が済んでいる場合は、この設定は不要です)

 

【3】 楽天版・FTP情報(楽天GOLD情報)を設定します。

楽天GOLDのパスワードが不明な場合は、RMSメインメニュー「拡張サービス一覧」内、各種申請と設定の中の「FTPサーバ用パスワード変更」という箇所からパスワードの変更や再発行が可能です。

パスワードの変更・再発行の詳細

※楽天GOLDとは、楽天市場が出店者に提供しているHTMLや画像などを自由にアップロードできるディスクスペースです。 利用は無料ですが利用には申請が必要です。楽天GOLDにお申し込みをされていない方は先に楽天市場にお申し込みをお願いします。

FTP情報(楽天GOLD情報)設定の詳細(楽天市場でのお申込方法)

 

【4】 FTP情報(楽天GOLD情報)の設定が完了しますと、運用状況が準備中に変わります。

この状態では、新着レビューの収集は開始されますが、実際にページに掲載するための表示設定を行っておりませんので、まだ商品ページ等に掲載することはできません。以下で表示内容を設定します。

 

【5】 表示設定は3つまで設定できますので、掲載用途や掲載場所によって表示項目を変えるなど、用途に応じた使いわけも可能です。

ここでは、赤く囲まれた部分をクリックして、表示設定1を設定します。

 

【6】 表示設定を行う画面が開きました。

この画面にて、表示する項目を選択できますので、ご希望に合わせて表示内容をお決めください。

「CSSを変更する」にチェックを入れますと、CSSの変更画面が開きますので、見た目を細かく変更したい場合はご利用ください。

 

【7】 表示設定の登録が完了しました。

これで晴れて運用が開始されます。【9】のレビュー収集パターン設定を行うことで、以降は自動で5分おきにレビュー状況を集計し、ページの更新作業が行われます。

表示内容の確認は、下に記載の「表示プレビュー」を用いることで可能となります。

 

【8】 表示設定のところでは、「表示プレビュー」というボタンがご確認いただけるようになります。

まだ、ウルトラ実況レビューで管理するレビュー収集パターン設定が完了しておりませんので、以下の設定が完了後、この「表示プレビュー」ボタンより表示内容の確認を行ってください。

 

【9】 レビュー収集パターンの設定を行います。

最大50個までレビューの収集パターンを登録することが可能です。「追加」ボタンを押してレビュー収集パターンの設定画面を開きます。

 

【10】 レビュー収集対象は、全商品、カテゴリIDで指定、商品管理番号で指定 のいずれかをお選びください。

レビュー点数の設定を行うことで、収集するレビューを点数によって絞り込みます。

前述の【5】で表示設定を複数登録した場合には、表示設定欄にて、どの表示設定を利用するかを選択できるようになります。

絞り込みワードは、更なる細かい絞り込みのためにご利用ください。
また、NGワードは、薬事法のからみなどで除外せざるを得ないレビューの指定などにご活用いただけます。

 

【11】 設定が完了しますと、レビュー収集パターン設定の一覧にて「プレ」「タグ」というボタンがご確認いただけるようになります。

クリックすることで、表示プレビューや、ページに掲載するためのHTMLタグの取得が行えます。
HTMLタグは、コピーのうえ、商品ページの説明文など掲載を行う場所に貼りつけてご利用ください。
さらにレビュー収集パターンを追加する場合は、「追加」ボタンを押して設定を行って下さい。

 

【12】表示サイズを変更する場合

掲載後、画面のレイアウト等の関係で表示サイズを調整する場合は、ページ掲載用タグの以下の箇所をご変更ください。

<div style="height:450px; overflow:hidden; margin:0; padding:0">
<iframe src="http://..." name="現在の注文状況" width="500" height="450" align="center" frameborder="0">
このページではインラインフレームを使用しています<br />インラインフレームに未対応の
ブラウザをお使いの方は、
<A href="http://..." target=_blank>こちら</A>で内容をご確認いただけます。
</iframe>
</div>

※上記の例では、横幅500ピクセル、高さ450ピクセルのサイズで表示が行われます。表示サイズを変更する場合は、width="500" height="450" の数値をご変更ください。
height:450px の部分は、height="450" の数値と合わせた数値をご記入ください。